元ファミ通編集者の僕がゲームコレクターを辞めたワケ。VOL.2

おはようございます、SUKESANです。VOL.1の続きになりますので、よろしければ是非。ゲームをレアだから相場だと何円くらいになるだとか、箱がちょっと潰れているからマイナスだとか、値札シールを超慎重に剥がすとか、それとも危険だからそのままにしておこうとか、もちろんそういった「過程」は本当に素敵な時間でした。

が、どこかでなんというのでしょうか、「俺は何をやっているんだ感」という想いとずっと一緒に歩いていました。そして、これはきっと同じようなコレクターの方には理解していただけると思うのですが、なんだか素直にゲームを遊んでいない感と言いますか、「自分の子供時代の郷愁を確認するため」に遊んでいるような、そんな気持ちを覚えていたんですよね。

「大事なのは今じゃん!」なんてどこかのセミナーや自己啓発本のようなことは一切思いませんし、そういうのは苦手なのですが、今が大事という角度ではなく、「ゲームってこんな存在だったけ」と感じ始めていたんです。レアだとか、未使用だとか、非売品云々だとか、なんかそういうのが「どうでもいいわ」って思ってしまった。というより、本当はおそらくずっと思っていた。

これは批判を受けるかもしれませんが、例えば僕はディズニーランドがあまり好きじゃありません。もちろんディズニーの凄さは勉強もしてきましたし、何度も仕事で関わってきましたので、とんでもない高レベルエンタテインメントなのは分かっています。が、なんだか客(こちら側)が遊んでいるというより「遊ばされている」という感じを受けてしまう。

それだったら適当に知らない街を歩いたりした方が何倍も楽しいし、自分で開拓している感じがする。完璧すぎて自分のクリエイトする余地がないんです。

ゲームのコレクションについても同じでして、値段値段、レアなんとかと、そういう何か見えないけれどギスギスの奪い合いみたいなものに飽きて疲れたのかもしれません。しかし、ゲームそのものを嫌いになったということではなく、あくまで僕のやり方ですが今度は「ゲームを遊んでやれ」という感覚が大きくなってきたんです。

僕は過去にYouTubeでファミコンカセットでドミノ倒しのようなことをしたり、まあこれは提供した企画ですが、カセットを凍らせてみたりして動くか実験等をしましたが、なかなかの批判を受けました。もう12年以上前のことです。今でもこういった実験や行為に対して「カセットを大事にしろ!」的な方が攻撃してきますが、僕はそうは思わない。

まず、「大事にする」ってどういう意味でしょうか? それを考えた時、例えばドミノ倒しという遊びがありますが、あれ、そもそもドミノって倒して遊ぶために作られたのではなく数字合わせのコマですよね。でもその遊び方よりも倒す方が有名になってしまっている。また、プラモデルだって発想は自由。それと同じだと思うんです。もちろんね、故意に破壊してやる!って叩き壊したりするのは僕もできませんし、不快です。(とはえいは、ご自身で購入した所有物なのでご自由にとは思います)

そういった企画を否定してくるのに、平然とゴミになって捨てられているカセット等にはなんとも思わないし、言わない。これ、どっちが本当にその「モノ」を最大限に生かしているでしょうか? また、細かい話をすると、マジで倒したくらいでは壊れません。

でも、モノって基本的に自分で使い方、遊び方を考えて良いものなんです。今はそれがなんとなく普通の考えになってきた部分はありますが、十数年前はそうじゃなかった。

なんと申しますか、「真面目か!?」というよりも「発想力ないんすね……」という感じ。それならもう全てどんなものでもメーカーさんが提示する方法でずっと遊んでいてくださいって、ちょっと言葉は悪いですが思ってしまう。

なので最近は本業の他に(本業がなんなのか自分でも分かりませんが、テレビCMのキャスティングや企画、動画撮影・編集などのクリエイターです)ゲーム関係の記事を書かせていただく際は、必ず自分らしい、自分でいうのもなんですが、SUKESANしかやらねえよ、こんな企画というのをやることにしているんです。

こんなのアイツしかやらねえよ、はいつか「あいつしかできねえよ」に変わるから。

一部最近のそんな記事を貼らせていただきますのでよろしければご覧ください。




と、今僕はそんな風に思っています。決してゲーム自体を嫌いになったとか、飽きたとかではなく、ゲームに対する遊び方をもっと色々な目線から考えて新しい遊び方を作っていきたい。そう思っています。

ので、近く、ファミコン『沙羅曼蛇』のスケルトンカセットでミニ水槽を作ろうと思っています……。VOL.3にも続く?

毎回何かしらの広告を入れさせていただいています。(ちゃんと自分で使って、本当におすすめできると確信したものだけ)でございまして、僕が愛用しているMacBookを貼らせていただきます。

画像をクリックでAmazonさんの商品ページへ飛びます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中