電気代が5000円も減ったッッ!?かもの法則

おはようございます、SUKESANです。以前こちらでJackeryのバッテリー『112200mAh/400Wh』サイズの使用レビューを書いたのでございますが、しばらく使っていて、それならもっとデカイのにしちゃおうぜ自分! ということで、今回思い切って奮発し、『278400mAh/1002Wh』を購入しました。そして、同社の『ソーラー発電パネル』も同時購入。

正直、両方でそこそのお値段はしました(合計で15万ちょっとかな……)が、僕は購入前に計算してみたのです。

これ、単純計算ですがお許しくださいませ。

まず、これは電気会社との契約内容にもよりますが、通常のコンセントから充電した場合、10000mAhのバッテリーを満タンにするのにかかる電気代は「約10円』となっています。つまり、今回購入したバッテリーを満タンにするのには「約28円」かかる計算になります。

これを仮に毎日ゼロから満タンにしたとしますと?「28×30=で840」となります(実際にはこの数字は理想値ですが)

つまり、ソーラー発電を使用することによって単純に電気代が月に850円浮くことになります。が、もちろん購入した機材の総計が15万なので……。これを意味ないじゃんと感じる方もいれば、初期投資だと考える方もいらっしゃると思いますが、僕は以下のように考えました。

●なんだか太陽を力を毎日使っているのが楽しい。

●もちろん、いざと言うときの緊急バッテリーになるし、キャンプ等でも使える。

そして購入したのですが、これが思ったよりも「楽しい」のです。僕は屋上的な部分にソーラーを設置し(とはいえ、雨の日はダメですし、曇りの時は発電力が極端に落ちます)部屋に引き込んでいます。

ちなみに、このモニターが普通に太陽が出ている時のものですが、いかがでしょう? 結構な発電をしているのが分かります。感覚的にですが、完全に半日太陽に当たっていれば、『278400mAh/1002Wh』を60%程度充電することができるでしょうか。(状況によっては満タンもいけるかも)

つまり、超単純計算ですが、1日で28円儲けているという感覚(あ、これ僕だけかも……)

さて、ここからですが、このバッテリーは驚くべきことに、AC(1000W 瞬間最大 2000W)の使用が可能なのです。つまり、普通のヘアドライヤーや電子レンジまで動いてしまう。さらには洗濯機まで……。これは相当便利だといえますよね。

ちなみに我が家では、このように設置して、スマホや空気清浄機、モバイルバッテリーに常時使っています。なので、これらの充電にかかっている電気代は実質「0円」。

これを始めてみてびっくりしたのは、月の電気代がこのバッテリーとソーラーパネル使っていなかった月に比べて約5000円も少なくなったということです(季節的なもので他の電気機材を使わなくなったのもきっとありますし、これをキッカケに他の小さな節電もするようになったのもあります)。「チリも積もれば山となる」を痛感したさ。

確かに初期投資としては「そこそこ」ですし、状況によってはこの数字は出ないかもしれません。が、なんとなく無限電源的に半分遊び感覚、ゲーム感覚で使ってみるのも楽しいです。

このサイト『retrobabys.』(レトベビ)では絶対に自分で使っていないものの紹介はしませんし、良いと思わなかったものも紹介しません。お読みいただきありがとうござました。また、コメントをいただけますと嬉しいです。必ずお返事させていただきます。

下の画像をクリックでAmazonの販売ページに飛びます。

カテゴリー:my favorite items

タグ:

2件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中