画質は昔のガラケーレベル。しかし、魅力はそこじゃないの法則

おはようございます、SUKESANです。以前は高級コンデジや一眼を常備して〜という僕でしたが、利便性などを総合して考えると、今は日常使いならばiPhoneのカメラで十分と思っている派です。が、一年前くらいからちょっと気になっていたカメラがあったのです。ちなみに僕は今はコロナで行けないものの、南国系の仕事やプライベートが非常に多かったので、基本的にカメラには画質をよりも「防水」や「強度」を優先するタイプでした。

過去には、『RICOH WG-6 ブラック 本格防水カメラ 20メートル防水 耐衝撃 防塵 耐寒 高画質2000万画素 4K動画対応 高性能GPS内蔵 水中専用マーメードモード搭載 高性能GPS・電子コンパス内蔵 仕事に使える「CALSモード」搭載』や、

『OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6』を使ってきました。共感いただける方もいらっしゃるかと思うのですが、いちいち水に濡れることとかを気にしているのだったら、画質をある程度下げてでも気楽に適当に使える方を選んでしまうのです……。

例えば、南国の海に行ったとします。そしてもちろん海に入るのですが、海の中ではなく砂浜の時点でも防水、防塵とかのカメラではない場合、いちいちバッグに入れたり水がつかないように気にしたりと、その時点で冒険心テンションが一旦止まってしまう。なので、水陸両用的に、良い意味で適当に使いたい……ので、上記二つを選んできました。

そして現時点、子供ができて、一歳半の彼でも気楽に適当にシャッターを押したり、妻も適当に設定やら、なんたらモードだかも気にしないでパシャパシャできるのがないかな? と考えていた歳、今回ご紹介するカメラが目に入った(入っていた)んです。

それがこれ、『Canon カメラ iNSPiC REC GREEN グリーン(小型/防水/耐久)身につけるカメラ FV-100』

こいつを購入するにあたって、色々調べたのですが、この「そこそこ」の防水性、衝撃耐性は自分の中では合格点でした。が、やはり「画質」に関しては妥協するべき部分があるとも認識していました。そして実際にエイヤっと購入し撮影してみたのですが、なるほど……。やはり画質に関しては昔のスマホどころかガラケーといった感じ。

なのです。なのですが、ここからが大事でございまして、結局のところこいつに画質を求めてしまうというのはナンセンスだと分かりはじめました。むしろ逆にこれで超高画質だったら、それこそ最新のスマホでいいや、となったかもしれない。このカメラの良いところは、とにかく手軽で、すげえ気楽にどこでもパシャパシャの部分なんだと。

いくつか作画例を掲載させていただきます。(ちなみに、写真の比率は正方形と4:3が選べます)僕はこの画質なら逆に割り切って思いっきり遊びカメラっぽく1:1で撮るようにしています。

いかがでございますでしょうか? 画質に関しては、ギリギリ昔のガラケーとまでとは言わないものの、今のスマホと比べてしまうとやはり厳しいです。けれども、なんというのでしょうか、このなんだか不思議と懐かしい感じ。思い出なんて高画質にすれば良いわけではなく、「その時の瞬間を脳で思い出すきっかけになればいいや」くらいの感覚で使う。

防水性能はGoProなどと比べてはいけませんが、水深2m/30分の防水性能となっていますので、まあ普通の使い方で浸水してしまうことは稀でしょう。

液晶画面はありませんので、現像(デジカメなので正確には現像とは言いませんが)するとどう写っているかな? という銀塩カメラのあの時代のワクワク感を感じることもできます。(これ、結構大事だと思う)

裏面のダイヤルも至ってシンプルです。良くも悪くも、細かい設定は一切ありません。

僕はファインダーにもなっている、カラナビの部分にこのように首から下げられる紐をつけて、子供や妻さんにサッと渡して適当にかしゃかしゃするようにしています。

充電とmicroSDはここから。(充電時間などの細かいスペックは公式さんをご覧くださいませ)

ちなみに僕はこのようなミニ機材の充電は全てこの巨大バッテリーに昼間ソーラーで溜めておいたもので賄っています。なんか、太陽の力で撮影している!って感じがある意味のモチベーションになる……。僕だけか……。まあ、気持ちの問題です。下の写真クリックでAmazon公式さんへ。

と、個人的には高評価のカメラなのですが、すげえ難点があります。それは専用のスマホアプリなんです……。撮った写真はSDカードの中にありますので、それをどこかに移す必要があるのですが(液晶もないので本機だけでは再生はできません)、PCにSDカードを取り出して読ませるのも可能ですが、正直面倒なので、できれば無線で移したいんですよね。が、そのアプリがダメ……。

まず、移す際にスマホに表示されたサムネを選択するのですが、なんと一度に10枚しか選択できない……。これね、このカメラってパシャパシャ適当に大量に撮る! みたいのがコンセプトなのにさ……これがまずダメ。また、移し終わった写真とまだ移していない写真との区別がつかないのもダメ……。せめて移し終わったものは灰色になるとかして欲しかった。さらに、結構な確率で送信が中断される……(これはスマホの機種依存もあるかと思います)

と、このカメラは「使い方を割り切る」のが楽しく使えるコツだと感じました。画質がどうこうとかではなく、あくまでも楽しく遊べる玩具のようなカメラだと思えば十分に普段の小さな旅の供になるかと思います。が、公式アプリはどうにかならないでしょうか……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中