ファミコンの自動販売機を作ってみたいの法則 前編

おはようございます、SUKESANです。かつてプレイステーションのソフトをコンビニで買うことができる時代がありました。そして最近、自動販売機の業界では『だし汁』だったり、『サソリなどの昆虫』だったり、秋葉原で『おでん』が売られたりと色々なアイディアがありますよね。そんな中、個人的に「あったら面白いな」と思っていたのが『ファミコン』の自販機なんです。

頭の片隅で昔から思っていたものの、自販機自体を入手するのは個人では難しいのが7割、そして「やったからって何?」という自分への問いかけの部分が3割くらいのバランスで存在していまして、今までやってこれませんでした。が、ひょんなことから自動販売機を手に入れることができたのと、田舎暮らしで自分が好きにできるガレージも所有するということができたため、実行に移すことにしたのです。

手に入れた自動販売機はキリンさんのロゴが大きめに入っている小型のもの。製造年代的には約12年前のものなのと、屋根はあったものの、雨風に晒されてなかなかの劣化がありました。

また、友人3人と僕の4人で気合いで運んだのですが(約180キロ)、運び終わってから鍵で中を開けてみると、30本程度の年代物のビールや酎ハイ、お茶が入っていたのでした……。これを先に抜いておけば結構軽くなっていたんじゃ……。

まだ飲める説や、やめとけ説、その中間のなんとか飲める説もあるのですが、一応現在は飲まずに保管中です。

十数年の汚れは半端なく……。汚れというよりももう「コケ」状態になっているくらいでした……。中も同じように相当な汚れが溜まっていたので水拭きで少しずつ綺麗にしていきました。

そして商品見本を取り除き、さらに清掃。ちなみに、今まで知らなかったのですが(メーカーによって違いったはあると思います)、商品見本って、小さな穴を開けて中身を出したものなのですね。

汚れはできる限り取り、商品見本も外し、いよいよファミコンソフトを商品見本の位置に入れていきます。が、電源が入るのは確認したものの、正常に動作するかはまだ試していません。(とはいえ、ファミコンの場合、あくまでもオブジェなので冷やす必要もないのですが)後編へ続く。

おかげさまで最近はビュー数が多くなってきました。よろしければフォローをお願いいたします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中