PS5とテレビ、スマホの電気代は無料の法則。

おはようございます、SUKESANです。PCでは常識なのですが、性能が上がれば上がるほどその分電の使用量は上がっていきます。ちなみに、PS5の電気代ですが、契約している電力会社さんのプランにもよりますが、約300wですので1時間に換算しますと約8円となります。これを高いと感じるか、そんなもんか〜と感じるかは価値観ですが、ゲームにはテレビも必要ですのでテレビも同等(サイズや種類によります)のワット数だとしますと1時間に15円。3時間プレイしますと45円の電気代がかかり、これを月に換算すると1350円、さらに年で計算しますと16200円となりますのでバカになりません……。よね。

そこで僕が考えたのは巨大バッテリーとソーラーパネルでこれらの電力を賄ってしまおうというものです。とはいえ、これらの商品の購入には10万円以上の投資が必要ですので約5年以上使わないとマイナスにはなるのですが、ゲームやテレビ、スマホなどの電気を全て太陽様のエネルギーで賄っているという感覚……がなんだか好きなんですよね……。

また、もちろんこのバッテリーはキャンプや災害時にも大いに役に立ちますのでそういった部分を総合するとかなりアリだと感じています。

僕が使っているのは、『Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 1534.68Wh/426300m』というものでして、スマホなら約140回もフル充電が可能で、ドライヤーや冷蔵庫も楽々動くというバケモノです。実際、妻もドライヤーはここから毎日使っています。

下の画像をからアマゾン公式販売に飛べます。この手の商品はいくら安くてもオークション等で買わないことをお勧めいたします(補償の面で)↓

がしかし、このバッテリーにコンセントから充電していたのではなんの意味もありません。ここで出てくるのがいわゆるソーラーパネルです。僕は屋根にこのように2枚のパネルを乗せています。完全固定はしていませんので天候や掃除の際はサッと外せるわけです。

この純正のソーラーパネルで充電します。画像をクリックでアマゾン公式に飛べます↓

天候に大きく左右されますが、日中天気が良ければこの写真のように1日で30%以上の蓄電が可能です。これで十分に夜間のゲーム、テレビの電気を補えます。

我が家では、日当たりの問題がありまして、このように屋根に土台を作って置いています。天候やパネルが汚れてきたらすぐに外せるように計算しました。

バッテリーから一階にこのように電気コードを引き込んで、テレビやゲーム、その他、小さいモバイルバッテリーにもここから充電します。

巨大バッテリーからこの小型モバイルバッテリーに充電。こちらのバッテリーも個人的にオススメです!以下の画像クリックで商品ーページへ↓

つまり、この全てがソーラー&バッテリーだけで補われていることになります。なんだかこの感覚が気持ち良いのです……。もちろん初期投資は大きですが、感覚の問題と、そしてこのバッテリーの汎用性の高さを計算すれば決してムダではない。ハズ……。皆様の参考になれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中