24時間無人の餃子販売?!雪松さんの餃子を買う。の法則

おはようございます、SUKESANです。たまに車で横を通って気にはなっていたものの、あっという間と、また今度でいいか的な理由から実際に購入することはありませんでした。が、今回、家族でのドライブの帰りにふと思い出し寄って購入してみることにしたのです。

清潔感のある、シンプルなお店です。24時間やっているというのは凄いですね。

24時間無人販売ということなのですが、一体どんな仕組みなのか、自動販売機が設置されているのか? と入る前はちょっとだけ不安。

店舗に寄って違いがあるかもしれませんが、入るとモニターの中で餃子の皮のような衣装を着たお姉さんが購入方法を説明してくれています。とはいえ、しっかりと聞くほど難しいものではありませんのでスルーでもOKです。

大量の餃子が透明窓の冷凍庫の中にぎっしりと置かれています。一つ(36個 ※2021年12月現在)で、1000円(税込)となっています。また、特製のタレは100円です。

購入方法は非常にシンプルで、例えるならばセキュリティー(監視カメラ等)のちょっとしっかりした田舎の野菜販売所のようなシステム。僕はてっきり自動販売機が設置されていると思っていたので、この賽銭箱のようなシステムにビックリ。

我が家は今回、一つ。つまり36個1000円を購入しました。1000円を料金箱へ投入し、餃子を冷凍庫から一つ出して、無料の袋に入れて購入完了です。

帰って早速焼いてみました。焼き方は普通の餃子と変わらず、水を半分程度入れて蒸し焼き〜のパターンです。また、味に関しましては僕は食べ物をレビューするほど大した舌の持ち主ではありませんのと、焼き方によって大きく食感も変化するかと思いますので控えておきます。が、肉餃子というよりは、野菜が9割(というかほぼ野菜でニンニク強め)だったことだけお伝えしておきます。

また、今回は僕が個人的におすすめのAmazonで購入できる餃子を下にズラッと並べておきますので是非お試しくださいませ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中